自己紹介

音楽をやっております。 自宅・怪楽庵のライブ出演者募集中です。

ライブ

LIVE
8/4(日)下北沢 mona records
open/12:00 start/12:30
ticket/¥2300(1drink)or¥2500(lunch set)
出演/忘レ敵 coneco けしからん

2013年7月17日水曜日

ないものねだりはどこまでも

どうも、建前とか体裁とかって苦手。

いや、そういうの考える事もあるんだけど、上手く使い分けられない、とゆーか、この場面ではこんな事言わない方がいいですよ的な感じとかよくわからない。

それでいつも失敗するんだけど…

そもそも状況に応じての対応が苦手で、一つそうなら全部そうなっちゃうのである。

不器用を言い訳にはしたくないので、なんとかそんなんでもやっていける方法を模索中なんですが。

世の中を上手く渡っていける人ってうらやましいなと思いつつ、そんな人本当にいるのかとも思う。

僕だって言う人に言わせれば上手くやってるって思われてるかもしれない(実際はそんな事ないけど)

結局誰でも他人の芝生は青く見えるし、でも自分にできる方法でやっていくしかないんだよね。


あいつは凄いけど、俺にだってあるよ!って言いたい。

だから音楽やってるって所はある訳です。


何かね〜最近10代の頃の自分を思い出す事が多いんだけど、本当に冴えない少年というか、全然、俺は輝いてた、って時代が無くて(20代になってもそうだったけど)妥協や負け癖ばっかり付いてしまった。

そういうのを払拭したいから逆に今がんばんなきゃいけないって思ってますが。

でもがんばり方がわからない事もたくさんあるし、しかも、俺がんばってるぜみたいな部分が出ちゃうのも持って回った感じがしてダメなんだよな。

アタシこんなに努力してるのに!って思い始めると、もう不幸への道をまっしぐらって感じがする。

みんな色々あるし、全然ダメなように思えても、長い人生のうち、いつかちゃんと喜びみたいなものが(どういう形でかはわからないけど)やってくるんだと思う。

そこではじめて過去の体験の意味がわかったりするんだろうな、と。

なーんか長くなっちまいました。

内容が説教臭くていかんね笑

すごく久々にCD出して聴いたらやっぱり名曲すぎた、この曲。


0 件のコメント:

コメントを投稿