自己紹介

音楽をやっております。 自宅・怪楽庵のライブ出演者募集中です。

ライブ

LIVE
8/4(日)下北沢 mona records
open/12:00 start/12:30
ticket/¥2300(1drink)or¥2500(lunch set)
出演/忘レ敵 coneco けしからん

2011年3月16日水曜日

明日には

ここ数日で、様々な事が起きました。

災害に関する事はあえて省略しますが、地震が起こってからというもの、全く音楽をやろうという気が起こりませんでした。

井上雄彦さん(ほかにもたくさんいらっしゃいますが)の様に震災直後から自分に出来る事をと表現に向かっている方もいて、大変頭の下がる思いですが、少なくとも、今自分レベルの出来る音楽で、今この現実に何が出来るかという事に対しては全く無力だと思わざるを得ません。

そもそも、自分が音楽をやる事と、被災者への支援は全く別のもので、僕は(少なくとも今までは)自分がやりたいってだけで音楽をやってきたし、これからもやっぱりそうなんだと思います。
そこに「義務感」とか「使命感」とかを感じ始めたら、それはとても危険な事なのではないかと思うし、表現てのは極めて個人的なものだと思っているので、やりたい事をやりたいように、やりたい時にやる、というのが自分としては一番しっくり来ます。

もちろん音楽活動で義援金を集める方、チャリティー等催す方々を非難している訳ではありません。
自分が社会的にできる事があるのなら、表現であれ何であれ、実行する事が悪いなんて事を言えようはずがありません。
むしろ(矛盾するようですが)それが社会的に影響力を持つ人にとっての「義務」だと考える人がいる事も自然だと思います。

僕は別に有名な訳でも売れている訳でもないただのしがない一アマチュア音楽家ですが、それでもやっぱり自分自身の表現に関する事に影響はあるのです。

今、表現する人はどういう形にしろ、そのあり方について考えていると思います。
僕自身は今自分の立っている場所が、土台から崩れ落ちてしまった様な感じがします。
また改めて、自分がどうすべきか考え、どう一から土台を作り直すか、という事に直面しています。
これからの新しい方向性を見いだしてしてからでなければ、僕はステージ上で一言も発する事は出来ないと思う。

本当は今日はライブの予定だったのですが、キャンセルしました。
お店の方やお客さんにはとても申し訳ないなと思いつつ、やっぱり出来ないと思いました。

ただ、一つ言える事は、このままじゃ終われない、って事です。
必ず復活してまた音楽をやりたい!
その為に、今がんばりたいと思います。

そして、被災地の方々にも何かしら(音楽に関係なくとも)支援して行ければと思っています。
とりあえず今はみなさまの無事を祈るばかりです。
どうか一日も早く平穏な日常が戻ってきますよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿